おすすめアイテム

【購入レビュー】コールマン インスタントバイザーシェードの感想!設営が簡単すぎる!

アウトドアに求めることは簡単に準備できること

こんにちは!ゆずです。

不便さを楽しむ事がアウトドアの醍醐味とも言われますが、
そうは言っても準備は楽にしたいものです。

今回はアウトドアに必須なタープ、シェードの中から、
楽に・早く準備できるという視点で選定した、
コールマン インスタントバイザーシェードの感想をご紹介します。

慣れれば数分で設営が完了します!

では、いってみましょう!

紹介アイテム
コールマン インスタントバイザーシェード M+

特徴
・設営が簡単、早い、自立式
・サイドウォール(別売)を使うと、朝昼夕方どの時間帯でも日光をブロック
・重しを使えばアスファルト上でも設置できる(駐車場など)
遮光性が高くて日陰が涼しい(特にダークルームテクノロジー品)

出典:Coleman Official Online Shop

設営・準備

専用の袋に入った状態です。
結構重い(約13kg)ので車で近くまで運ぶか、キャリーカートの使用をおすすめします。

中を開けると大部分がフレームで、
白い布(シェード】と紺色の布(サイドシェード)を収納もできるので、
一箇所に全てまとめておくことができます。

足を広げている途中です。
2人で行う場合は対角線上の足を持って、広がるだけです。
この広げるだけ、というのが時短の最大の理由です!

普通のタープはポールを立てて、ペグを打ってと、
この時点で結構色々やることがありますものね。

布をセットして、足を伸ばしてセット完成!
5分もかかっていないと思います。
このあと、ペグを4箇所打って、サイドウォールを設営して終了です。

出典:Coleman Official Online Shop
【レポート】コールマン アウトドアワゴンを2年使ってみての感想!キャンプ以外でも便利だった! 荷物を運ぶ。必要な作業だけど、面倒・疲れる、本当に大変ですよね(--;) 特にマンション住まいの方は、車まで荷物を運ぶことが、ど...

サイドウォール

日光は時間帯によって入ってくる方向が違います

なので、タープなどは設営当初は上手く日陰ができていても、
午後になると日差しが入ってくることがよくあります

今回のインスタントバイザーシェードでは、
別売りのサイドウォールを付けることで、
この問題が解決します!

インスタントバイザーシェードの4面に簡単に着脱できるからです!
是非、合わせて使用してみてください。

購入した理由

キャンプ、BBQ用のタープを探していたのですが、
到着してすぐに作れる点を重視していました。

日差しが強い中、一緒にいった方々を待たせたくなかったので。
お子様がいるご家庭が一緒のときでも、早く日陰を作れるに越したことはありません。

ただ、すぐに設置できるタープがなかなか見つかりませんでした。
そんな中、探し当てたのがこのインスタントバイザーシェードでした。

結果は買って大正解!

手早く準備できますし、購入したインスタントバイザーシェードM+というのは、
ダークルームテクノロジーが採用されているので涼しい!

薄い生地のタープやシェードですと、意外と暑いことがあるんですよね。

ダークルームテクノロジー
・光を90%以上ブロック → 涼しい!
・UV遮蔽率99.99%以上 → 嬉しい!

※注意
インスタントバイザーシェード全てがダークルームテクノロジー採用ではありません。
色が白の「M+」、「L+」、「250+」だけです。

それと、インスタントバイザーシェードは色が複数種類あるのでで、
街中のイベント、庭で使いたいといった方にもマッチすると思います。

サイズ感はMサイズで、椅子4脚とテーブルを置いて、ゆったり過ごせます。
5脚でもいけると思いますが、6脚だとLサイズにした方が良いと思います。

出典:Coleman Official Online Shop
出典:Coleman Official Online Shop

サイズの種類・スペック

Mサイズ
※Ⅱは収納サイズが約19 x 19 x 90cm

使用サイズシェード/約270 x 270 x 254(h)cm、フレーム/約220 x 220cm
収納サイズ約19 x 19 x 118cm
重量約12kg
耐水圧約800mm
材質シェード/150Dポリエステルオックスフォード、フレーム/スチール

M+サイズ(ダークルームテクノロジー)
※Ⅱは収納サイズが約19 x 19 x 90cm

使用サイズシェード/約270×270×250(h)cm フレーム/約220×220cm
収納サイズ約φ19×118cm
重量約13kg
耐水圧約3,000mm
材質シェード/75Dポリエステルタフタ
(ダークルーム(TM)テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) 
フレーム/スチール
付属品ペグ、ロープ、収納ケース ※ハンマーは付属しておりません。

Lサイズ
※Ⅱは収納サイズが約19 x 19 x 99cm

使用サイズシェード/約300 x 300 x 265(h)cm、フレーム/約250 x 250cm
収納サイズ約19 x 19 x 199cm
重量約13.5kg
耐水圧約800mm
材質シェード/150Dポリエステルオックスフォード、フレーム/スチール

L+サイズ(ダークルームテクノロジー)
※Ⅱは収納サイズが約19 x 19 x 99cm

使用サイズシェード約300×300×260(h)cmフレーム約250×250cm 
収納サイズ約φ19×119cm
重量約14kg 
耐水圧約3,000mm
材質シェード/75Dポリエステルタフタ
(ダークルーム(TM)テクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール) 
フレーム/スチール
付属品ペグ、ロープ、収納ケース ※ハンマーは付属しておりません。

250+サイズ(ダークルームテクノロジー)

使用サイズシェード/約250 x 250 x 250(h)cm
フレーム/約205 x 205cm●収納サイズ:約Φ19 x 90cm
収納サイズ約19 x 19 x 90cm
重量約12kg
耐水圧約3000mm
材質シェード/75Dポリエステルタフタ
(ダークルームテクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール)
フレーム/スチール
付属品ペグ、ロープ、収納ケース ※ハンマーは付属しておりません。

インスタントバイザーシェードⅡとの違い

2022年新商品としてインスタントバイザーシェードが発売されています。

違いは収納がMサイズの場合は90cmに小さくなったこと(従来約120cm)。
※Lサイズは99cm(従来約120cm)

下:インスタントバイザーシェード
出典:Coleman Official Online Shop

この違いは本当に大きい!
我が家はミニバンに乗っていますが、
ミニバンでも従来型はギリギリ入るという長さです。

小さくなって収納が楽になったことは、ポイント高いですね。
(※重さは同じです)

気になったポイント

簡単に準備ができる最高のシェードですが、気になったポイントもあります。

・結構重い

私が購入したM+は13kgです。
フレーム部分が多いので仕方ありませんが、
これより重いタープはまだ見たことがありません。

私はサイトに車を横付けできるキャンプ場を選ぶか、
キャリーカートで運ぶので重さは気にしていませんが、
気になる方は持ち運びを考慮した方が良いと思います。

・グループキャンプなど大人数使用には狭いかも

大きいサイズの「L」で1辺300cmです。

例えばスノーピークのレクタL(8名用)は500cm✕440cmですので、
インスタントバイザーシェードを大人数で使う場合には少し狭いと感じるかもしれません。

まとめ

キャンプ、BBQはもちろん、街中イベント、庭でも使える多様さが良いですね。
どんなシーンでも素早く簡単に準備できるのが最大のポイントです!

是非、皆さまも検討してみてください。


ではまた!

【BBQおすすめギア・アイテム(時短準備編)】便利グッズで準備は楽に早く!キャンプやBBQの準備が簡単にできるギア、アイテムを紹介していきます。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo