グッズ

【レポート】コールマン クアッドマルチパネルランタンを2年使ってみての感想!キャンプ、防災グッズにも使えるLEDランタン!

キャンプに使い易いランタンはどれ?
防災グッズとして最適なランタンはどれ?

その答えの一つがこれからご紹介する、
コールマン クアッドマルチパネルランタン」だと思っています。

このランタン、本体と4枚のパネルに分かれます!

本体+パネル セット
パネル

2年間使ってみて感じた、
このランタンの良いところ・もう少しなところ、
向いている人をご説明いたします!

クアッドマルチパネルランタン 活用シーン

・キャンプのメイン・サブランタンとして
・1つあれば ランタン・懐中電灯として一石二鳥
・災害時の明かりとして

向いている人・良いところ・もう少しなところ

向いている人

・ファミリーキャンパー
・サブのランタンを探している人
・災害対策としてランタンが欲しい人

ファミリーキャンパー

・夜に子どもをトイレに連れて行く
・夜や明け方にカブトムシを探しに行く!
・花火の準備をする
・テントの中で使いたい(ガス式は火事が怖い)

キャンプならではのシーンですが、どれも手元に明かりが欲しいものです。

クアッドマルチパネルランタンはパネルが取れて、
個別のランタンに分かれるので、
懐中電灯のような、ちょっとした使いにとても便利です。

子どもに持たせると、すごく喜びますよ!
LEDなので火事、火傷の心配が無いところもポイントが高いです。

本体+パネル4つ セット時
パネル

サブのランタンを探している人

キャンプに慣れると、こんな事を思うものです。
もっと明るいランタンが欲しい
もっと雰囲気のあるオレンジ色の光が欲しい

この様に思う方は、
メインは光量、雰囲気のある以下のようなランタンとして、
クアッドマルチパネルランタンをサブとして使うと良いと思います。

クアッドマルチパネルランタンがサブに適している理由は、いくつもあります。
・料理や着替えなどの作業には白い光(昼白光)が向いている
・パネルが分かれて懐中電灯的に使える
・パネルが磁石でくっつくので、作業光として設置がしやすい

メインで補えないところを、上手く補完しています。

災害対策としてランタンが欲しい人(防災グッズとして)

なんと、世界で起きる地震の20%は日本に集中しているそうです。

地震大国と言われる所以ですね。

防災グッズとして、
クアッドマルチパネルランタンが優れているポイントは3点あります。

・乾電池式(単一)
・800 lmと明るい
・パネルが取れて、4分割できるので懐中電灯にもなる

災害は急にやってきます
そのとき、ランタンが充電されていなければ使えません
(ランタンを使うときは停電しています)

乾電池を持っておけば、すぐに使えて便利ですね。
被災時は光があると落ち着きますので、乾電池式をお勧めします。

良いところ

今までのところと重複しますが、良いところは以下になります。

・パネルが取れて、4分割できるので懐中電灯にもなる
・800 lmと明るく、サイトを広く照らせる
・ランタン、懐中電灯として、一石二鳥

・パネル裏が磁石で、色んな場所に設置できる
・乾電池式(単一)

もう少しなところ

・光が白く、雰囲気が出にくい
・最大800 lmはサイト全体を照らすには微妙に暗い
・単一乾電池を最低4個、最大8個使うので、コストが高い

キャンプを頻繁にする方は、
単一乾電池のランニングコストが高つくかもしれません。

外観、仕様

外観

本体、パネルの外観をご紹介いたします。

本体+パネル4つ。
パネルは磁石でくっついています。
電池は裏から入れます。
パネル。右の黒ボタンを押すと点灯します。
裏側。真ん中2つの四角が磁石です。
パネル全体点灯、端だけのスポット点灯(懐中電灯の様に)を使い分けられます。
角度を付けて、立てかけも可能です。
電池は裏から8本入ります。
パネルを外した本体。

点灯中の外観です。
出典:https://ec.coleman.co.jp/item/2000031270.html

全体点灯
パネル点灯
スポット照射

仕様(LEDランタン)

●明るさ:
[8本]約800lm(High)、約200lm(Medium)、約100lm(Low)
[4本]約500lm(High)、約140lm(Medium)、約60lm(Low)
[パネル]約100lm(High)、約25lm(Low)、約100lm(Spot) 
※ルーメン値はLED製造業者の仕様に基づいています。
●使用バルブ:LED 
●サイズ:約φ14.5×23.5(h)cm 
●重量:約1.2kg 
●材質:ABS樹脂、他 
●連続点灯時間:
[8本]約20時間(High)、約120時間(Medium)、約400時間(Low)
[4本]約13時間(High)、約69時間(Medium)、約196時間(Low)
[パネル]約3時間(High)、約14時間(Low)、約3時間(Spot) 
●使用電源:アルカリ単一形乾電池×4本または8本(別売) 防水性能:IPX4対応(全方向からの水しぶきに10分間耐える)

種類

ご紹介したパネル4枚タイプの他に、
2枚タイプ、3枚タイプもあります。

3人で使用する場合は、3枚タイプが丁度いいかと思います。

まとめ

パネルと本体が分かれるので、
ランタン、懐中電灯、作業灯とマルチに使える便利なLEDランタンでした。

・ファミリーキャンパー
・サブのランタンを探している人
・災害対策としてランタンが欲しい人


この様な方々にとって、間違いなく良い選択の一つだと思いますので、
ぜひ使ってみてください!

次回は、メインランタン、サブランタンの使い分けをご紹介していこうと思います。

では、また!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo