グルメ

「桔梗信玄餅アイスクレープ」を発見!少し溶かして食べると美味しい!

山梨県を代表する銘菓「桔梗 信玄餅(ききょう しんげんもち)」

アイスや信玄棒といった派生商品があることは知っていましたが、
今回アイスクレープを発見しましたのでご紹介します👀

桔梗信玄餅とは

山梨県笛吹市に位置する桔梗屋が製造・販売するお菓子です。

山梨県には古来よりお盆の時期に、
餅にきな粉と黒蜜をかけた安倍川餅を供えて食べる習慣があります。
これをヒントに現代風に小さくまとめ、
お盆だけでなく一年中食べられるものにしたのが「桔梗信玄餅」です。
(参考:桔梗屋ホームページ

餅は無添加で安心して食べられますし、
素朴で深みのある味が老若男女に受け入れられています。

是非、見かけたときは食べてみてください!

山梨県北杜市に位置する金精軒が製造・販売する「信玄餅」もありますが、
桔梗屋の「桔梗信玄餅」は1968年(昭和43年)、
金精軒の「信玄餅」は1972年(昭和47年)に発売を開始しています。

食べ比べしてみるのも良いかもしれませんね^^

桔梗信玄餅アイスクレープ

では、本題のアイスクレープを見ていきましょう!

パッケージが桜柄で可愛いです^^

ナイスポイント
・袋を持って食べれるので、手が汚れない
・片手で食べやすい

袋から出してみました。

お店では冷凍庫で販売されていて、
購入直後は凍っています。

少し溶かした方が美味しいので、頃合いを見て食べて見てくださいね。

クレープの中は 餅、生クリーム、黒蜜、きなこ が入っています。

ひんやりして、甘みがあって美味しい!

クレープ生地がもっちりしていて、食べごたえもあります。

購入場所・価格

今回は北陸自動車道・大積PA(下)で購入しました。

高速道路サービスエリア、パーキングエリアの他に、
桔梗屋のホームページからも購入できます。

桔梗屋 クレープ購入ページ

価格は1個 270円(税込)です。

まとめ

美味しくてファンも多い桔梗信玄餅の派生商品

信玄餅クレープは如何でしたでしょうか。

購入場所はサービスエリア、パーキングエリアなどですが、
日常的に見かける物ではないと思います。

もしおでかけした時にでも見つけたら、
是非食べてみてください!

では、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo